女性ホルモンのバランスの乱れはシミの原因?

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二種類がありますが、このホルモンのバランスが乱れてプロゲステロンが優位になるとシミの元となるメラニンを生成するメラノサイトが活発化してメラニンを増やします。

女性ホルモンのバランスが乱れる原因はいくつかありますが、女性は妊娠したり生理前になるとプロゲステロンの働きが優位になります。よって、妊娠中や生理前には念入りに紫外線対策をする必要があります。

妊娠や生理での女性ホルモンの乱れは仕方がないことなのですが、ホルモンバランスが崩れる原因はその他に食生活の乱れや睡眠不足、ストレス、運動不足なども関係がありますので、毎日の生活でホルモンバランスを整えるように心がけましょう。

食生活においては、肉類を多く食べる、コンビニの惣菜やファーストフードなどを多く食べていると血行が悪くなり、女性ホルモンが全身へ行き届かないので、ビタミンB6、ビタミンE、大豆イソフラボンなどを摂取する様に心がけましょう。

睡眠不足については、長い時間寝るというよりも質の良い睡眠をとることが大切です。就寝前はリラックスして眠る様にするなどして女性ホルモンや自律神経を正常化させましょう。

ストレスにおいては、女性ホルモンのバランスには大敵です。女性ホルモンの分泌はデリケートな視床下部で調整されているのでストレスによってパニック状態になってバランスが乱れやすくなるので、好きなことや音楽を聴くなどしてストレスを発散させましょう。

運動不足については、血行が悪くなったり自律神経が乱れるため、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。特に下半身に血液が落ちて集まってしまいがちになるのでウォーキングやマラソンなどで下半身の筋肉を使う様に心がけましょう。

このように女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンというのはちょっとしたことで乱れてしまい、いつのまにかシミがたくさん!なんてこともありますので、十分注意しましょう。

関連記事

シミに効く薬には、さまざまな副作用が確認されている

シミに効く薬は、正しい飲み方で