シミに効く薬には、さまざまな副作用が確認されている

女性であっても男性であっても、顔のシミはとても気になる存在のはずです。

年齢を重ねるごとに顔のシミはどんどんと増える傾向にありますが、こうしたシミに効く薬を使用することで改善を行うことが可能です。

しかし、シミに効く薬に配合されている成分には、副作用があることも理解した上で使用することが重要なことです。

まず、シミ薬で有名なL-システインの副作用としては、軽微ではありますが白髪の発生や糖尿病を誘発させてしまうことが確認されています。

とくに、現在糖尿病を患っている人は過剰なL-システインの使用はできる限り避けるべきだと言えるでしょう。

また、アスコルビン酸もシミ薬に配合されている成分としてはとても有名です。アスコルビン酸も過剰に使用してしまうことで吐き気を起こしたり下痢を誘発させることが確認されています。

アスコルビン酸は、成人の女性の場合においては上限摂取量として100mgとされていますので、しっかり使用量は守ることが重要です。

そして、パントテン酸カルシウムと言う成分もシミに効く薬には含まれていることがあります。パントテン酸カルシウムもアスコルビン酸と同じような副作用が確認されており、下痢や腹痛などがあります。また、腹部の膨満感なども副作用として上げられます。

こうしたシミに効果的な、成分はさまざまな副作用が確認されていることは事実です。

しかし、1日当たりの使用量をしっかり確認しルールを守って使用することで副作用を避けることもできますので、必ず使用する前には使用方法などを確認するように心がけましょう。

関連記事

女性ホルモンのバランスの乱れはシミの原因?

シミに効く薬は、正しい飲み方で