アスコルビン酸は、なぜシミ予防に効果的なのか?

シミ予防に効果のある成分といったら、ビタミンCを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。アスコルビン酸は、ビタミンCの化学物質名で、シミ予防の薬やサプリメントにも配合されていることが多い成分です。

アスコルビン酸は、体内で生成することができないため、食べ物やサプリンメントで体内から補ったり、スキンケア用品で取り入れたりする必要があります。継続して十分な量を摂取するには、シミに効く薬、サプリメントの活用がおすすめです。

アスコルビン酸には、肌のハリやツヤを保ち、肌質を整える上で欠かせないコラーゲンの生成を促す働きがあります。

また、血行を促進して体の巡りを良くする働きがあり、肌のターンオーバーを正常化することで、シミの原因となるメラニンの生成を防いでくれます。色素沈着によって、できてしまったシミを目立たなくする働きもあります。

シミが生じた場合にも諦めずに、地道にアスコルビン酸の摂取を続けることで、肌質を改善することは可能です。

L-システインと呼ばれるアミノ酸とアスコルビン酸を一緒に摂取すると、その抗酸化力によって、メラニンを無色化してシミを薄くしたり、黒色メラニンを排出したりといった効果が期待できます。

肌質改善、シミ予防の効果をさらに高めるには、アスコルビン酸とL-システインをどちらも摂取するように心掛けると良いでしょう。

L-システイン、アスコルビン酸を配合した市販薬としては、チョコラBB・ルーセントCや、ハイチオールC・ホワイティアが挙げられます。

関連記事

L-システインでシミのない美肌を目指そう

リコピンで体の中からシミ予防。リコピンが含まれる食べ物は、どれ?

パントテン酸カルシウムの効果とは?

ビタミンEがしっかり摂れる食べ物とは?

シミの予防にビタミンCを摂ろう。ビタミンCが豊富な食べ物は?