パントテン酸カルシウムの効果とは?

シミに効果のある薬には「パントテン酸カルシウム」という成分が使用されています。この成分を分かりやすく説明すると、ビタミンB5とカルシウムになります。

そのビタミンB5は、美肌効果やダイエット効果が期待できる成分になり、主に脂質や糖質やたんぱく質を分解しエネルギーに変換したり、皮膚機能を正常にする働きがあります。

そのため、パントテン酸カルシウムはシミを消す効果も期待することができるため、シミ薬に使用されているのです。パントテン酸カルシウムにより、皮膚機能がしっかりと働けば、肌の代謝は上がり、メラニン色素の沈着によってついたシミを消していくことが期待できます。

また、毛穴の詰まりを防ぐことができるため、ニキビの予防や改善の効果も期待できます。それはなぜかというと、パントテン酸カルシウムは脂質を分解し、皮脂の脂分を減らす働きがあるので、毛穴が詰まりにくくなるからです。

そして、パントテン酸カルシウムの働きの一つである糖質やたんぱく質の分解も、肌を綺麗にすることに関係しており、パントテン酸カルシウムを摂ることによって老廃物を排出してシミを消し、美肌にする効果が期待できます。

また、パントテン酸カルシウムのほとんどはビタミンB5であり、カルシウムはわずかしか含まれていないので、カルシウムが原因となる副作用を起こすことはありません。

そして、ビタミンB5は体内に溜めることはできないため、不要なビタミンB5は体外に排出されてしまいます。そのため、過剰に摂らない限り副作用を起こす心配はありません。

関連記事

リコピンで体の中からシミ予防。リコピンが含まれる食べ物は、どれ?

ビタミンEがしっかり摂れる食べ物とは?

シミの予防にビタミンCを摂ろう。ビタミンCが豊富な食べ物は?

アスコルビン酸は、なぜシミ予防に効果的なのか?

L-システインでシミのない美肌を目指そう