シミの予防にビタミンCを摂ろう。ビタミンCが豊富な食べ物は?

ビタミンCにはシミ対策にできる2つの効果があります。1つはシミの元となるメラニン生成を抑制、もう1つはできてしまったシミのメラニンを無色化する還元作用です。

メラニンというのは、アミノ酸のチロシンがチロシナーゼ酵素によって生成されますが、ビタミンCはこのチロシナーゼ酵素の働きを阻害することができます。

よってシミの元となるメラニン色素の量が少なくなりシミができにくくなるのです。

このチロシナーゼ酵素の働きを阻害するという効果については、ハイドロキノンなどの他の美白成分にも見られるものです。

そしてもう1つのビタミンCの効果である、できてしまったシミを無色化するという還元作用についてです。

シミというのは生成されたメラニンが血液によって体外へ排出されずに深層から表皮に浮き出てきたものです。

ビタミンCはこのシミを無色化して薄くするという効果が期待でき、このシミを後から対策できる効果については他の美白成分よりも優れたところです。

このため食生活でビタミンCを積極的に摂取すれば、シミ対策に役立ちます。

ビタミンCが多く含まれている食べ物にはアセロラ、キウイフルーツ、ゆず、柿、パプリカ、パセリ、ゴーヤなどの野菜やフルーツがあります。

アセロラはダントツで100g中に1700mgものビタミンCを含んでいるので、そのまま食べても、ジュースやサプリメントに加工されているものでもオススメです。

パプリカやゆずが150mgから170mg、パセリが120mgと多めの食材となります。

そして大切なことはこれらのビタミンCを効率的に摂取することです。

ビタミンCは、タンパク質と摂取することでコラーゲン生成を活性化させ、ビタミンEやビタミンAと摂取することで新陳代謝をアップさせることができます。

また、ビタミンCというのは体内に貯めることができず尿と一緒に排出されてしまうので、こまめに少しずつ摂取することがポイントでお腹が空いている時よりも食後のデザート的に満腹時の方が吸収が高くなります。

調理法については熱に弱いのでできれば生で、生が難しい時にはスープなど流れ出てしまったビタミンCも一緒に飲めるお料理にするといいでしょう。

関連記事

アスコルビン酸は、なぜシミ予防に効果的なのか?

パントテン酸カルシウムの効果とは?

L-システインでシミのない美肌を目指そう