ハイドロキノンはチロシナーゼの働きを阻害

紫外線を皮膚に浴びると、脳がチロシナーゼという物質を放出し、メラニン色素を生成するよう命令を出します。これが日焼けと呼ばれる現象です。

このとき、皮膚のDNAが傷つくと、メラニン色素が過剰に生成され、シミの原因になります。

ハイドロキノンは、このチロシナーゼを阻害する作用があり、紫外線を浴びたときのメラニン色素の過剰な生成を抑制します。

「ハイドロキノンはメラニンを漂白する」とよく言われますが、こうしたメカニズムを見る限り、予防効果としての役割が大きいというのが正確です。

では、もともとできているシミにはどのようにハイドロキノンが効くのでしょうか?

シミになっている部分は、皮膚のDNAが傷ついており、それを修復するために次々とチロシナーゼが放出、メラニンが生成され、シミが濃くなります。

ハイドロキノンを塗布すると、それ以上のチロシナーゼは放出されずに、メラニンの生成も止まります。

皮膚はターンオーバーを繰り返しているので、シミになっている皮膚も時間をかけて剥がれていきます。

シミになっている皮膚の下は、新しいシミがずっと続いているのですが、ハイドロキノンの塗布により、この連鎖が途絶えるのです。

ハイドロキノンそのもののメカニズムは、あくまでチロシナーゼの阻害のみです。肌が持つターンオーバーの機能が不可欠なため、効果は緩やかなものと考えるのがいいでしょう。

レチノールのように、ターンオーバーを早める薬と併用するのも、そうした性質によるためです。

関連記事

シミは、とりあえずコンシーラーで隠してしまえ